橋本病・甲状腺機能低下症

橋本病とは

橋本病・甲状腺機能低下症イメージ

橋本病とは、自己免疫の異常が関係し、これにより甲状腺組織が破壊されることで、慢性的な炎症がみられている状態(びまん性甲状腺腫大)のことです。組織の破壊により、新陳代謝が低調となり、甲状腺機能が低下します。その影響で様々な症状がみられるようになります。中年世代(40~50代)の女性に発症しやすい傾向があります。

主な症状としては、甲状腺が腫れるので、首の圧迫感や違和感が生じます。また甲状腺ホルモンが体内で不足し、代謝が低下すると甲状腺機能低下症の症状がみられるようになります。具体的には、発汗の低下、皮膚の乾燥、寒がる、便秘、徐脈、体重の増加、むくみ、脱毛などです。

治療に関してですが、甲状腺腫のみで甲状腺機能低下症の症状がないという場合は、経過観察となります。上記(甲状腺機能低下症)の症状がある患者さんにつきましては、甲状腺ホルモンの投与が必要となります。

このような症状のある方はご相談ください。

  • 疲れやすくなった
  • 気温は低くないのに寒さを感じる
  • 喉の辺りに違和感を覚える
  • 表情が乏しくなったといわれる
  • 少し動いただけでも息切れする
  • 肌がむくんできた
  • 食欲がなくなってきた
  • 貧血が続いている
  • 月経が安定しない
など

甲状腺低下と妊娠

五反田糖尿病・甲状腺内科ひだまりクリニック

03-3492-8800

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-4-4 西五反田タテイシビル4F

院長
仁科 祐子
診療内容
糖尿病、一般内科、高血圧症、脂質異常症、その他の生活習慣病、甲状腺疾患、バセドウ病、橋本病・甲状腺機能低下症、その他の内分泌疾患、下垂体疾患、副腎疾患、骨粗しょう症、予防接種、発熱外来、自費診療
最寄駅
・JR山手線「五反田駅」徒歩1分
・都営浅草線「五反田駅」徒歩1分
・東急池上線「五反田駅」徒歩1分
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~18:00

◎木曜日午後は14:00~20:30
※受付時間:診察時間終了の30分前まで。
休診日月・日・祝

お電話 WEB予約 アクセス